News & Topics


数年前の話ですが、30代前半で私は営業マンからWEB業界に転職(キャリアチェンジ)をしました。
その頃は今よりも知識も経験もない、口先だけの人間だったと思います。

 

営業では良い思いも苦い思いも味わいましたが、それなりに稼いでおり「社会人として大きく成長した」と感じていましたが、これからの人生を考えた時に「営業」という仕事に限界を感じていたのも事実でした。
何よりも危機感を持っていたのが『40歳になった時の自分のスキル』でした。
「この会社を辞めた時に同じ給料ではどこも雇ってくれないだろうな」というのが営業を辞めた1番の要因だったと思います。

 

そして、営業に区切りをつけWEB制作の業界へキャリアチェンジをする決心をして、転職活動をはじめました。

大阪市内での転職活動でしたので、会社を見つけるのは難しいことでは無いのですが、
何よりも『未経験』『30代』という条件があてはまる求人を探すのに苦労しました。

ただ、求人を見ているとスキルと経験年数を求められる職種と未経験からでも求人の多い職種がある事に気づきました。
 


<スキルと経験年数を求められる職種>
・WEBデザイナー
・コーダー
・エンジニア
・データサイエンティストなど

<未経験からでも求人の多い職種>
・営業
・WEBディレクター


 

また、営業はいやだなぁという思いが強かったので、
未経験からWEBディレクターとして勤めれる求人を探しました。

ここで活きたのが営業時代のリサーチ能力です。
事前に会社の事や相手が求めている事を察知するように心がけていたので、
求人媒体の特性や企業が求人へかけている費用を想定して、
応募する企業のリストアップをしました。



リクナビ、DODA、エン転職は営業寄りの求人が多く、慢性的な人員不足の企業。
WantedlyやGreenはクリエイティブカンパニーが多く、経験者や求めてるスキルを持った人材を探す企業が
掲載している媒体と予測しました。
いや、むしろタイトル通り未経験からWEB業界への転職をするならリクナビやDODA、エン転職のような媒体に掲載している企業へのエントリーを避けた方が良いと思います。

 
ただ、スキルアップしたいという自分の考えとのミスマッチは避けたいという思いと、
企業側には『採用コスト』という考え方があると知っていたので、
無闇にWantedlyやGreenからの応募はせず、ピックアップした企業のコーポレートサイト、
企業の代表者の発信(ブログ、SNS、インタビュー記事など)を読み漁り、
自分の思いを叶えれそうな企業に絞って、コーポレートサイトの問い合わせフォームから】
「面接して欲しい」旨を伝えてメッセージを送信をしました。

 



もちろん、「今応募してません」とか「未経験の方の募集はしてません」というのは当たり前です。
10社近くエントリーして2社ぐらい面談に進めたと思います。

営業時代の話を面白がってもらい、その内の1社に雇っていただきました。
ただ、その会社にも特に長く居らず、そこから2社ほど転職しましたが、
WEBのクリエイティブカンパニーを1社経験した事により、
それ以降の転職はかなり楽に進めました。もう、「未経験」ではないからです。
 
 

こんな事を言うと怒られますが、WEB業界の求人で大事なのは「経験年数」なのです。
入って何をしてきたかはその次なのです。
WantedlyやGreenを見てたらわかる通り、スキル=経験年数という考えがあるのです。

あの時WEB業界に来ていなかったら私はアナログ産業で働いていたと思います。
家族と生きていく為に、自分のキャリアを諦めていた可能性が高いです。
実際に転職活動がうまくいかなかった時に運送業界のドライバーとして内定を貰った事もあります。

  

WEB業界に入っても、たくさんの失敗とたくさんの迷惑をお掛けして、
自分には向いてないのかと考える事もありましたが、ここまで続けれたのは何よりも「楽しい」と
思える仕事だったからです。

今の仕事を楽しめていないなら、転職をおすすめします。
公務員以外の終身雇用は崩壊している今、楽しくない仕事を続ける理由がないと思っています。





Calma(カルマ)は大阪・枚方市を中心にホームページ作成、ホームページ運用、動画編集、デザイン作成などのIT事業を展開しています。WEBについてのわからない事やYouTube動画の編集、店舗や会社のホームページについての小さな悩みでも気軽にご相談ください

 

Contact

ホームページ作成・サイト運用/解析
・動画編集・デザイン(ロゴ作成・名刺作成)は、
枚方市のCalmaにお任せください。
ご相談・お見積り、お気軽にお問い合わせ下さい。